固定相場制と変動相場制


hwwwオンライン取引で人気沸騰中と言えばFXがありますが、今回はFXの魅力について私見ではありますが書きたいと思います。まず、FXとは外国為替取引といって円を売ったりドルを買ったりできるのです。初心者の方は意味が分からないと思いますが、簡単にですが説明させていただきます。まず、為替というのは固定相場制と変動相場制という2つの制度があります。

日本は変動相場制で、よくニュースの終わりに円とドルの引き換えレートは本日は、100円ですとか99円50銭ですとか聞いたことが誰しもあると思います。変動相場制は、土日を除く24時間すべての時間において少しづつですが、変動していくのです。例えば、あなたが今、100円玉をもっていると仮定します。

そして現在のレートが1ドル=100円という相場だったとこれも仮定します。今あなたがもっている100円玉を1ドル札に交換するのが簡単に言うとですが、FX取引です。この後1ドルが101円に変動した場合あなたの持っている1ドル札は101円の価値になるので、あなたはそこで交換すると1円の儲けになります。

逆に1ドルが99円になった場合にあなたが1ドル札を交換すると1円の損失になります。FXと聞くと難しそうに思えますが言うならばこれです。もう少し言うと単位が1ドルではなく、業者にもよりますが、1000ドル単位からになります。1000ドルの取引をしようとすると、日本円で10万円が必要です。

しかしここからがFX取引の有利なところで、自分の持っているお金の25倍までの取引ができるのです。ですから、1000ドルの取引をしようとすると、本当は、10万円必要ですが、4000円で取引が可能になるわけです。25倍というのは日本の法律で決まっている倍率ですが、海外の業者などを使うと、50倍や100倍の取引も可能ですが、初心者の場合は1000通貨から取引可能な業者を選ぶことをお勧めしたいと思います。

私がFXをなぜやりだしたかというと、お小遣いが稼げるというのもありますが、自分で選択できることが一番の魅力だと思います。選択範囲とトレード時間が選べるといえばハイローオーストラリアで世に広まったバイナリー取引もあります。やはり自分で予想してそれが当たるのが一番楽しい時だと思います。一番利用しているFX業者は入金ボーナスがもらえる24オプションです。サポートの対応が一番の理由です。質問や問題があった時にすぐに解決出来る環境は大切ですから。

そのために世界情勢がどういう事になっているかも考えないといけないので勉強にもなりますし、知識もお金も増えて最高だと思います。しかし、やはり儲かる時だけではなく、損失が出る可能性も決して低くはないのでリスク管理を常にしないと生活も破壊されかねない取引ですのでくれぐれも慎重にそしてリスクヘッジをきちんと考えた取引をしたら面白いと思います。

兼業トレーダーは、主に株やFXなどの商品で売買を行う事になります。そこそこ利益が期待できる点は、トレード商品の大きなメリットと言えるでしょう。

それで投資で稼ぐ為には、様々な手法はあります。人によっては、効果的に稼ぐ為のコツを知りたいと思う事はあるでしょう。
それで専業ではなく兼業トレーダーとなると、時間に関する制約が生じるケースが殆どです。専業の方々は、もちろん株投資に対してはそれなりの時間を割く事はできます。状況によっては、丸1日株取引の画面を注視し続ける事も可能でしょう。

ところが兼業トレーダーですと、それが著しく難しい訳です。そもそも株価が動く時間帯は、朝から昼過ぎになります。そして多くのサラリーマンは、朝から夜まで取引を行っている訳です。時間帯がかぶってしまいますので、なかなか取引に集中し続けるのが難しいでしょう。
このため兼業トレーダーとしては、主に「指値」と呼ばれるシステムで売買を行う事になります。指値とは、特定の価格に到達した時に自動的に注文が成立する仕組みです。

例えばある時の株価が、13,000円だったとします。それで今後は、株価がある所までは下落すると考えました。仮にそれが12,000円だとします。
専業トレーダーならば、そういった時は12,000円に下がってくるまで待機するだけです。画面を見続けて、12,000円に到達したら株を購入する為のボタンを押すでしょう。

ところが上記でも触れた通り、兼業ではそれが難しい訳です。本業が忙しいからです。
しかし株式投資の会社は、指値というシステムを準備してくれています。株価が上記のような12,000円を記録した時には、自動的に注文が発動するシステムがあるのです。基本的には証券会社のシステムが自動的に動いてくれますから、わざわざ自分で取引画面を見て、ボタンを押す必要もありません。会社で働いている間も、システムが売買を行ってくれるからです。ちなみに株だけでなく、FXや先物にもそういったシステムがあります。

やはり専業とは状況が違いますから、基本的にはこの指値という手法を用いて、売買をする事になるでしょう。証券会社のシステムに、ちょっと売買を代行してもらう形になります。
ただし指値の注文を行うにしても、やはり自分なりに考える必要はあるのです。上記で12,000円に下がった後に上昇してくれれば良いですが、暴落すると大変です。そういった動きもよく想定した上で指値を入れる事は、兼業トレーダーにとっては極めて大切です。