英国のFSAライセンス保有XEMarkets


wwXEマーケット(XEMarkets)をご存知でしょうか。XEマーケットは愛称をXMといい、2012年7月に、屋号と機能面で一部リニューアルし、サービスを開始した海外のFXブローカーです。

XE Marketsの親会社は、トレーディングポイント社。(Trading  Point of Financial Instruments Lots社)。日本でも抜群の知名度を持つ、優良海外ブローカーです。

トレーディングポイント社は2009年に営業を開始しました。キプロス証券取引委員会(CySEC)の認可を受けており、日本でのユーザー数も2011年頃から、右肩上がりに増えています。トレーディングポイント社は、リクオートのない取引環境がユーザーの信頼を得て、入金ごとのボーナスがあるというサービスも人気の決め手になり、日本でのユーザー数を伸ばしてきました。さらに、顧客の要望を得て、取引環境を更にリニューアル。サーバーインフラ、入出金方法、レバレッジなどの環境をを最高のものに整え、スタッフも配備し、XEマーケットという最強のトレード環境をスタートしたのです。

XEマーケットのアカウントは3種類。「マイクロアカウント」「スタンダードアカウント」「エグゼクティブアカウント」

そのうち「マイクロアカウント」「スタンダードアカウント」においては、最大888倍のレバレッジが選択でき、ハイリターンの取引も可能となっています。

3種類のアカウントはそれぞれ、マイクロロット(0.01LOT)と円口座に対応しています。スプレッドの平均はUSD/JPY=2.0−2.5pips、EUR/USD=2.0pips前後、GBP/USD=3.0pips前後。それぞれ1.0pipsから取引可能です。

入金のたびに得られるボーナスもXEマーケットの魅力のひとつです。初回だけでなく2回目以降も入金のたびに30%(最高USD10,000)のボーナス が得られます。このサービスを受けるのに特別な手続きは必要なく、入金のたびに自動的にボーナスが加算されていくシステムがとても便利です。

XEマーケットのボーナス加算は、他の会社にはない、優れた点があります。XEマーケットではボーナスは全てクレジットとして加算され、有効証拠金として貯まっていきます。他の業者ではボーナスは残高に合算されていってしまうため、引き出しの条件がわかりづらいというデメリットがありましたが、XEマーケットではその点を改善し、ボーナスと残高(取引可能額)を常にMeta Trader上で確認出来る点がトレーダーが取引し易いととても好評です。

さらにXEマーケットは、英国のFSAライセンスも保有しており、その安心度の高さも魅力です。顧客資産のうち最大20,000の保障が約束されていますので、安心して取引を紹介できます。XEマーケットは、何百とあるブログでもよく名前が出て来る業者です。知名度が高いという事は、それだけこの業界での経営経験が長いということが言えると思います